So-net無料ブログ作成
検索選択

折り紙×悪魔♪ [クラクラ☆ペーパークラフト]

ついに悪魔、折りました!!!



夢を叶えるのは、
素敵なことですね(*^^*)


オトナになったって、
夢を叶えることは可能です!



普段、平坦な日々を過ごしすぎているので、

もう、ちょっとした刺激があれば、
ぐらんぐらんに心が揺れちゃう単純構造ゆえ、

ただの折り紙でもちょっとスゴイモノが折れれば、
それだけで十分すぎるほどの感動を得られています☆


趣味がなくなったら、
私、どんだけつまんない生活になってしまうことか…

恐ろしいですね。




折り紙の作品を、
どれから記事にしていくか悩みました・・・



折り紙って、
作品っていっても本を見てそのまま作っただけだから。


自分が折りかた考えたわけでもないのに、
“作品”っていうのもおこがましい気がするからね、


もちろん著作権が作家の先生にあることを意識して、
敬意を表しながら魅力の伝わるように紹介したいと思います♪




悪魔を折る前にも、
いろいろ素敵な折り紙を折ったのだけど、


これまで幾度も悪魔の折り紙について触れてきているので、
もう、出し惜しみはやめようと、



一発目から悪魔を出します!!




私の長年の夢、悪魔の折り紙。


夢を叶えた喜びと、
折り紙悪魔の素晴らしさ、味わっていただきたい♪




こちらが前川淳先生の「悪魔の折り紙」。



私の初号機!

IMG_2126.JPG


うふ♪ 手乗り悪魔です。
(写真の撮り方がうまくなくて、迫力が出ない…;)




コレが折りたくて折りたくて、
何年かかったことでしょう。


ずっと折れなかったのではなく、
折り方すら入手できなかったの。





「ビバ」は廃盤だし、
図書館にもなくて…(現在はある。)


ビバ!おりがみ

ビバ!おりがみ

  • 作者: 前川 淳
  • 出版社/メーカー: サンリオ
  • 発売日: 1989/06
  • メディア: 単行本




すっかりあきらめて、
自分が悪魔の折り紙を折りたいと思っていることすら、
忘れてしまっていました。




でも、

今回おちびと折り紙を折っていたら、
もっと難しいの折りたいなぁって、


急に「悪魔」のこと思い出して、



今回初めて、主に言いました。
「私は悪魔の折り紙を折りたいんだ」って。



そしたらすぐ検索してくれて、



「本が出てるよ」って。


本格折り紙―入門から上級まで

本格折り紙―入門から上級まで

  • 作者: 前川 淳
  • 出版社/メーカー: 日貿出版社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本


「うっそん!マジで~?!」
びっくり。


もう5年も前、
2007年に本が出ていたなんて、

全然気づいてなかったんです。


なんてことでしょう!

ダメですね、


気づいていればもっと早く、
夢を叶えられていたかもしれないのに。


でも当時はそれを知るきっかけがまったくなかったんだ。


折り紙の趣味を共有するひともいないから情報網もなく、

仮に知っていても、

当時のおちびたちはまだ幼かったし、
私もまだ育児に余裕がなかったし。


2007年7月23日発行といえば、
我が家はめちゃんこ忙しい時期だったから、

折り紙なんて悠長に折ってられなかっただろうと思う。



「本格√2」が出た2009年も四男が生まれる前だから、
その他の状況を鑑みても、無理だったと思います…



しかし主には、
早く言っていればよかったかも…(。_。;)


言っておけば、
先に本をゲットすることだけはできていたかもね。




そんなわけで、
やぁっと折りかたを入手するところまでたどり着いたのです♪


ついに折れるかも~~と、
本を手に入れてからワクワクと胸躍らせていました。




でも、
折り方は難しそうで、


悪魔の折り方番号は、
できあがりまで145番もあります。
(繰り返す場所など計算していくと200番も超えます。)




そんな折り方って、見たことあります?




一度では折れないかも…と、
最初は気弱に。



長時間かかるかも・・・と、
なかなか本番に取り掛からず、


悪魔は本の最後に載っているので、
それ以前の、素敵な折り紙で勉強を続けました。




というか、
おちびがリクエストしまくるので、

夜な夜なリクエストをこなしながら、
前川先生の折り方のコツを習得していった感じです。



予習だけでは物足りなくなり、


ある晩、平日の深夜にもかかわらず、
耐え切れなくなり、折り始めました。



それがこの子です。

IMG_2126.JPG



なんで白いかって?




失敗するかも知れないし、
折りきれないかもと、

練習用の紙を使い、



ちゃっかり完成しちゃったからです。



B4版の白い普通紙から、
正方形を切り出して使いました。



完成するつもりなかったんだけど、
やはり大きさが都合よくて。


真っ白なので、
微妙に表裏が分からなくなりそうになったり、
折り線も目立たなくて見えにくかったり、

困難もあったんだけど、



折っている間はすごくドキドキして、
めっちゃ集中してました…

やっぱおちびの起きてる時間には無理。



時間は1時間以上かかってしまいましたが、一発クリアです♪



我ながら…
頑張ったでしょ~?



主も褒めてくれたし、
翌朝はおちびも喜んでくれたし、

夜更かしの甲斐があったです。




そこからまた毎晩のように、
悪魔を折り続けました。



だって、

当然のように、
「ボクにも!」「ボクにも!」と声があがるのです。




15cm折り紙は難しいと書いてありますが、
何度も折った後なら15cmも余裕。


さらに小さいサイズにも、
挑戦してみたい気も!


チビ悪魔も可愛いです。

IMG_2173.JPG


本の上で撮りました♪


黒だから細かいトコ見えないね…




でもホラ、ちゃんと指も折れてるし。

IMG_2181.JPG


5本指なのよ。スゴイよね~


しっぽも可愛い。



やっぱり悪魔は黒で折るのがよいわね。
本の表紙になってる赤もイケてる♪




コレ、上の2人にあげたんだけど、

なんか兄弟悪魔みたいで。

IMG_2180.JPG



“悪魔兄弟”にならないで欲しいけど。


親がこんなの折ってちゃ心配になるわ。





その後もやっぱりチラシで折ったり、
いろんな折り紙で折ったりしつつ、



10体目は画用紙で折りました。
黒の画用紙買ってきてね。

7月18日に、買ってすぐ折ったよ♪

IMG_2318.JPG



「本格折り紙」ではすごい作品ほど、
大きな、薄い紙で折ることを推奨しているのに、

私ったら逆らっちゃって…



だって大きな薄い黒い紙が手に入らないんだもの。




画用紙はやっぱり厚手だから大変だったけど、
紙がしっかりしてる分、できあがりは頑丈だし、

やっぱり黒はカッコいい!!

IMG_2343.JPG





それに折り紙と違って裏が白いことないから、

真っ黒で折れば本当に真っ黒、
裏の白が見えちゃうことないのがいいね!


背中も真っ黒!

IMG_2344.JPG


しっぽがカッコイイでしょ♪



羽根もイケてるし、
耳もとんがってカッコイイ。


もう、イケてるポイント多すぎて、
この隙のない完成度、ため息モノですよ。



ほんとにすごい折り紙です。



舌がペロンって出てるとこもキュートすぎる!

IMG_2345.JPG




指も、画用紙だから分厚くて大変だった(^^;)

IMG_2347.JPG



でも、
完成したときの密度の高い感じを見ると、


迫力もあるし、
画用紙で折るのも なかなかイイネ♪



気づけばこの画用紙もB4だったので、
白とサイズは変わらないのでした。



もっと大きい画用紙が欲しいかも。





白黒コンビ。

IMG_2346.JPG


天使と悪魔ではなく、
どっちもデビルだけどね。





悪魔を折るのにちょうどよいかと、
買ってきた「大きなおりがみ」。

IMG_2289.JPG


でもやっぱね、
各色1枚なのは勿体無くって使えないの(><)



25色全部、
悪魔折って「25色悪魔」って並べてみたい野望もあるけど…



まずはこの大きさを体験してみたいので、
さっそくパッケージの用紙を使って折ってみた。




それは7月21日のこと☆


じゃじゃん。

IMG_2492.JPG


この子は私が折った12体目の悪魔。




・・・コレはこれで、
すごいでしょ。




しかも、


ちょうど額に、「ザ・折り紙」って出たのがたまらん。




このパッケージの、右上、

IMG_2289.JPG




ココが…


IMG_2289_2.JPG




悪魔のオデコになっちゃったのね。


コレ、狙ってないから。




偶然なの!



狙って作れるくらいになりたいけど、
今回は狙ってないです。


でも、ネタにはナル♪

ということで、すぐに撮影~~!



これも練習だったつもりが、
また捨てられない子になってしまいました(^-^;)






折り紙悪魔のおでこに「ザ・折り紙」、最高でしょ!?

IMG_2492.JPG


悪魔はね、
あまりの精巧さに、

ただ紙を折っただけで作れるってこと、
信じてもらえないほど普通の折り紙より特殊だから。


切ったり、貼ったりとか、
一切しないの。


おでこの「ザ・折り紙」、
彼の存在理由がそこに集約しています。




我ながら秀逸すぎるデキ!




…ん? 


なんか言ってます。



「カラフルだろぅ~?」

IMG_2495.JPG


小学生みたいな1文字1色で書いてみた(^-^;)
読みにく~~い!!




この悪魔は、あんまり怖くなさそう。
ワイルドなお笑い系悪魔デス♪




写真撮ってないけど、
塾のチラシで折ったら、

ボディに「この夏!」とか文字が見えてて、
それはそれで面白い悪魔になりました。



ちなみに私、
悪魔折るの、1回も失敗してません♪



本を見ないでも作れるようになったし♪
30分で折れるようなったし♪
(今は15~20分くらいでイケマス!)




15体目は、

おちびの主治医のところへ行って、
待合中に鞄に中に折り紙見つけて、

先生と面談して、
薬局でお薬が出来上がるまでの間に1匹折れました。



本に載ってる悪魔のテーマ、「飼いならす」達成です!!



なんかすごい幸せ気分☆



前川先生、ホントすごいなぁ~~~
尊敬!!

尊敬してやまないです!!




あのね、私がスゴイんじゃなくて、
前川先生が、すごいんだからね!

(…ってみんな知ってるよね。)


私は真似しておるだけだから、
全然ラクなんだよ。



もう、折ってて感動しきりなの。


仕組みが天才的すぎて、
折ってて面白くて面白くて、
興奮しちゃうんです!



耳とか羽根とか指とかお顔とか、
全部必要なパーツが仕込まれていて、

最初のころは、
「いま何を折ってて、コレがどうなる?」っていうの、
よく分からないんだけど、


何度も折って、
展開図も見てると、

ものすごく手の込んだ手品のタネが、
ふんだんに折りこまれてるの。

もう文字通りに折りこんでるの!




なんでこんなことできるの~?って、
1枚の紙が折るだけでこんな姿になるなんて感動でしょ?


でも悪魔の設計はすごく緻密で正確で丁寧なの。



悪魔の癖に、
整理整頓された美しい幾何学を背負って生きてる感じ。

しっぽ以外は左右の均衡も保っていて、
少しの乱れもない!

(しっぽはちょろっとはみ出して見えるのがキュート♪)



すごく複雑そうに見えて、
折ってみると明快でもあるんだけど、

でもカタチになるまで折るのは長い道のり…


しかし前川先生は太っ腹!


マジックのタネ、明かすようなものだもん。


折り方も展開図も、
手の内すべて曝してる感じだからさぁ…



こんな素敵なこと、
タダで教えてもらっちゃっていいのかしらって思っちゃうくらい。


私なんて自分が、
ずぅ~~っと求めていたのに、
手に入るまで時間がとってもかかったものだから、


おちびたちにすら本を見せたくないくらい、
独り占めにしたいのに。



ほんとにすごいよ~悪魔は。


悪魔は手懐けたけど、
前川先生はもうず~~~っと雲の上の人って感じ。



私本当は数学できないけど、
先生の本読んでたら数学も勉強したくなっちゃったし、

上の空で流してた数学の授業に戻りたい(><)


なんかコレひとつでまた私の人生が変わった気がする!


なんだろう、
もうこれは、

さながら悪魔崇拝?


でも折り紙だから全然凶悪じゃないよ♪


前川先生があとがきで語っている、

「理系と文系とアートが地続きになった、
折り紙という魅力的な遊び」

という言葉が本当にしっくりきてて、



折り紙って、
文系にも理系にも、
どちらにもふさわしいアートなんだなぁって、

それに世代や性別も超えて楽しめるし、
ただ1枚、紙があればいいの。

大きくても小さくても、
正方形でなくても折れるんだよ。

すごいことじゃない?



ただ1枚の紙から、
こんな高級なものが生まれるなんてすごすぎる!



悪魔はもう30年以上前に公表された作品なんだけど…
って私もまだ生まれる前のことだし。


それから30年たっても、
悪魔は前川先生の代表作で、


もうホント信じられないくらい魅力的☆




悪魔を折りたい人は、
入手困難の「ビバ」を頑張って手に入れるより、

「本格」のほうで折るのがオススメ。



「ビバ」のあともずっと研究されてて、
より折りやすく理解しやすい折りかたに進化してるから、
「本格」の折りかたを見て折るのがまずはオススメ!



もちろん私も、「ビバ」のほうも折ってみたけど、

「本格」で折り方習得しているから分かるけど、
いきなり「ビバ」だと分からないかもっていう表現が多かったの。


もちろん悪魔以外の折り紙で、
「ビバ」に載ってて「本格」に載ってないものもあるし、


「ビバ」には、
完全体になる前の悪魔も載っているから、

やっぱり「ビバ」も手に入れたいところだけどね…




ビバの悪魔も折ってみたの。
(本では「悪魔その1」として載っています。)


私が折った悪魔の13体目、
完全体になる前の悪魔は、こんな感じ。

IMG_2529.JPG


クラフト用紙で、私の中では砂の悪魔。



これはこれでスゴイんだけど、


やっぱり完全な悪魔に比べると下っ端悪魔って感じで、
そこがまたちょっと愛嬌のある感じ。




この悪魔は何がないかっていうと、
まずはやっぱり指がないことが目立つけど、



比べてみてね。

IMG_2528.JPG


おちびが遊んでしまったのでちょっと崩れてます(^-^;)


同じ大きさの折り紙(15cm)で折っているけど、
折るところが増える分、

完全体はさらに小さく凝縮されてます。



その1には何がないかというと、


耳と舌がないのね。



「悪魔その1」でもすごいのに、
この悪魔をさらに進化させて、


指を折り出したり、耳や舌も加えて…、


いや並の人には、
「耳を加えたいからさぁ作り足そう」なんて、

できることじゃないよね(><)



「悪魔その1」はね、
両手を合わせてみたりすると、

ますます下っ端感が出るよ♪

IMG_2530.JPG


へこへこ。



悪魔その1から、さらに迫力を増した完全体の悪魔が、

やっぱり折り紙としての最高峰というか、
ありえないくらい極めすぎた完璧な姿なのだよね。



そんな前川先生の折り紙は、
他にもすっごいのがいっぱいあるの。


だって、
普通に存在するはずのない悪魔が、
こんなにも写実的なのよ?


普通に動物やら、生物を折ったらどうなっちゃうと思う?
もううっとりする作品ばかりです。



これからちょっとずつ紹介していきますね!




ところで、
こんなに夢中になっている悪魔の折り紙を、


私が初めて知ったのはね、
中学生のときなの。



たいていの人と同じだと思うんだけど、

綾辻先生の本で知ったの。


コレに出てくるんだよね。

迷路館の殺人 (講談社文庫)

迷路館の殺人 (講談社文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1992/09/03
  • メディア: 文庫



作中に出てくるのが悪魔の折り紙。



最初は悪魔の折り紙なんてフィクションだと思っていたけど、

実際に折りかたがあると知ったら、
折りたくならないわけないでしょう?



悪魔を折れるようになったこと…




私に綾辻行人を教えてくれたアノ人に…、


伝えたい… なぁ~~~。


ちょっと思っちゃったり。




絶対ムリだけど~!




大好きだった人だけど、


どこにいるかもわかんないし、
どんな姿してるかも分かんないし。



もう絶対に会えないもん…



これだけは、
悪魔の囁きにも負けない!


思い出は壊さない!






さて、



私ったら、



今年、
綾辻先生の新刊が出てることにも気づいてなかった!



半年も遅れて知るなんて、何やってんだろ~~(;へ;)



なかなかゆっくり読書なんてできるわけもないけど、
早く読みたいなぁ…


奇面館の殺人 (講談社ノベルス)

奇面館の殺人 (講談社ノベルス)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/01/06
  • メディア: 新書



ママがこんな「~の殺人」とか読んでるとこ、
おちびに見せられないけど、

館シリーズは全巻並べたいくらい大好き(^m^*)




いま話題のコレも観たいけど…
ママがひとりで映画観に行く余裕はナッシング(TдT)

Another

Another

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/10/30
  • メディア: 単行本




図書館予約も大人気で、
なぜか単行本は予約1なのに、

Another(上) (角川文庫)

Another(上) (角川文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: ペーパーバック



文庫のほうはそれぞれ予約が50以上…

Another(下) (角川文庫)

Another(下) (角川文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: ペーパーバック


買うんでも借りるんでも、
文庫のほうが都合よいのかな?


はてさて。



綾辻氏も息の長い作家だよね。
嬉しいなぁ♪



アノ人も、いまも読んでるかな…?


きっと読んでるよねぇ♪


一緒に読まなくなっても、
綾辻先生は好きだから読み続けてるし、


だけどときどき、
思い出したりしちゃうよ。



たまにはちょっとだけ、思い出してもいいよね…(≧_≦)



悪魔と一緒に、
ほろにがタイム♪

IMG_2345.JPG



…だけどアノ人と悪魔はなんも関係ない。



折り紙は私だけの趣味だし、
「悪魔を折りたい」なんて話したこと一度もないし、



いまの私は、
アノ人と一緒にいた頃よりずぅ~~っとHAPPY!





今回悪魔がちゃんと折れたのは、


本が出てるの見つけてくれた主のおかげだし、



強烈なリクエストの嵐、
余裕で噴き荒らすおちびたちがいてこそ。


どう考えても5年前のおちびたちには、

この折り紙の高い技術とかすごい魅力とか、
少しも理解できなかったはずだし、


喜んでくれるおちびたちの存在が、
何よりの原動力になっていたかも。



いまの私でなければ、
悪魔は完成させられなかっただろうと思います。


だから5年前ではなく、
いま「本格折り紙」を読むことも、
運命だったのかなって…



5年前の本でも、
全然色あせてないし。


きっと何十年先でも、
たくさんの人を魅了していると思う。


今回の悪魔の折り紙に関して、
私はとてもポジティブ。


こんなときのテーマは「ムゲンノカタナヘ」



忘れていた夢も、
心の底にずっと仕舞っていただけ。



思い出したらそのとき叶えればよいのダ♪






カッコイイ悪魔の折り紙、
みんなも折ってみてね~~~(^∀^*)キャハ♪

IMG_2346.JPG







よかったら押してね♪→ブログランキング・にほんブログ村へ
nice!(19)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 19

コメント 5

空楽

このデビル凄いですね・・・
5本指も凄すぎです。
私ぴょんぴょんカエルで頭クルクルです。
この本空楽父に教えます。
by 空楽 (2012-08-17 10:04) 

emixmamy

空楽さん(^^)
ありがとうございます!!
すごいんですよ~~(≧≦)
いえすごいのはホント前川先生で、
だって前川先生は20歳くらいでこの悪魔を考案し、
折り紙界にデビューしたんです!!
この魅力をもっとうまく伝えたいのに、
文章も画像もいまいちで情けない…(;;)

空楽父様ぜひ♪
すごい作品がたくさん載ってます^^
折り紙の本としてはかなりのボリュームです。
ぜひ折ってみて欲しいです~~~!!
先生の数学的なコラムもすごく勉強になるので、
お値段以上の価値あるますよん♪
折り紙作品もいろいろUPしますので、
また見ていただけると嬉しいです(^-^*)
by emixmamy (2012-08-17 11:18) 

minK

私、このコは ガーゴイル なんだと思った。

悪魔にしてはちょっとおひょいさん(笑)
かわいげがあります。
by minK (2012-08-17 15:00) 

emixmamy

minKさん(^^)
あ~! それありです~!
私もそのイメージあります。
ノートルダムとかのお城の上に、
ついてたりするコですよね。
なので私もPcのモニターの上の縁に、
座らせたりして飾ってます♪
悪魔ですが、可愛げあるので、
あんまり怖くないですよね(^-^*)
by emixmamy (2012-08-18 12:13) 

emixmamy

みなさま
「nice!」をありがとうございました(^^)

by emixmamy (2012-08-20 10:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

Copyright [コピーライト] LOVE☆HandMade♪ All Rights Reserved.
ご愛読ありがとう♪♪♪* 読者になってね(゜v≦)^☆